社会福祉協議会とは?

地域の住民やボランティア、福祉・保健などの関係者、行政機関から協力を得ながら、福祉のまちづくりをめざす民間の組織です。
社会福祉協議会「以下、社協」は、戦後間もない昭和26年、民間の社会福祉活動を強化することを目的に、全国および都道府県に設置されました。ほどなく市区町村にも組織が拡大され、住民参加を呼び掛けながら地域福祉活動の推進を中心に、その役割を現在まで一貫して担っています。
運営にあたっては、地域の住民やボランティア、社会福祉の関係者などの参加と協力を得ています。よって、民間組織としての自主性と、住民や社会福祉関係者に広く支えられた公共性という、2つの側面をあわせもった組織といえます。

基本的な性格

【構成】
社協は、住民の皆さん、社会福祉事業や保険・医療、教育など関連分野の関係者、さらに地域社会を形成するさまざまな専門家・団体・機関によって構成されています。

【目的】
地域が抱えるさまざまな福祉課題を地域全体の課題としてとらえ、みんなで考え、話し合い、協力して解決を図ることを目的としている。さらに、その活動をとおして、心ふれあう「福祉のまちづくり」の実現を目指しています。

【事業】
住民が福祉活動に参加できる場をつくるとともに、仲間づくりなどを支援しています。また、社会福祉に関わる公私の関係者・団体・機関の連携を進め、具体的な福祉サービスの企画立案をし実施しています。

【組織】
全国の市区町村、都道府県・指定都市と全国レベルに組織されている社協は、そのネットワークによって活動を進めています。また、民間組織としての自主性をもつと同時に広く住民や社会福祉関係者に支えられた公共性をもつ団体です。

社協が目指すもの

「住み慣れた地域で、家族や友人とともに暮らしたい」
このすべての人々に共通の願いをかなえるためには、地域の皆さんが互いに支え合うことが必要です。つまり地域の中では、住民の皆さんが福祉の担い手であり、そして受けてでもあるということです。
社協は創設以来、住民一人ひとりの福祉ニーズに応える活動を積み重ねながら、誰もが安心して暮らしていける「福祉のまちづくり」に積極的に取り組んでいます。

ご意見・ご要望(2014-04-24)

社会福祉協議会に対するご意見・ご要望について

社会福祉協議会では、さまざまな事業を展開しておりますが、さらなる地域福祉の向上をめざし市民や各種団体の皆様の声を今後の本会の運営に活かしていきたいと考えております。

電話、FAX、メール等にて下記までご意見・ご要望をお寄せ下さい。
なお、団体からの要望があれば、本会より機会を設けて懇談会を設定することも可能です。

問合せ先  熱海市社会福祉協議会
電     話  0557-86-6339
F    A   X   0557-86-6341
Eメール    csw-atami@po2.across.or.jp


社会福祉協議会正副会長選任(2012-04-01)

平成24年4月1日に開催された理事会及び共同募金運営委員会で、社会福祉協議会の正副会長が決定しました。

続きはこちら

長野市美和地区住民自治協議会(2010-10-18)

10月18日、長野市美和地区住民自治協議会11名が熱海市社協へ視察研修を見え、以下の内容について意見交換を行いました。

続きはこちら

社協職員全体研修(2010-09-24)

平成22年9月24日(金)18時から職員研修を実施しました。

続きはこちら

小山町災害(2010-09-15)

平成22年9月15日、台風による災害を受けた小山町に静岡県社会福祉協議会(以下、県社協)から派遣要請依頼を受けて、熱海市社会福祉協議会(以下、社協)の職員が小山町へ行ってきました。

続きはこちら